NEWS

SCANIA導入 G490 6×6、R580 6×4

scania

scania2

scania3

※左がG490、右がR580

その他トレーラー一覧はこちらへ

COMETTO製 4軸伸縮トレーラー導入

伸長時は台車長47.41m。50m級のブレードにも対応可能です。大きい図面はこちらへ
油圧式のピンで簡単に縮めることができるので、荷卸し後の回送も容易です。
電動ステアリング付きなので、狭い現場にも対応できます。

cometto1

cometto2

その他トレーラー一覧はこちらへ

LTM11200NX。1200tオールテレーンクレーン。

1200t1

1200t2

1200t

1200t

相馬福島道路の相馬西道路は復興のリーディングプロジェクト(復興支援道路)として位置づけられ平成30年度の開通に向けて工事が進んでいます。
今回はLG1750 SLDB CBW390t仕様にで夜間一括架設。
LG1750のワゴンは作業中にワゴンの後端半径をシリンダーの伸縮によって変えることができます。
吊り荷の重量・作業半径に応じて、ワゴンの後端半径を変更することでウェイトの積卸をせずに作業することが可能です。
地切り時は後端半径17m、架設時は20m。

また段差・傾斜のある現場だったため、アウトリガーで水平調整可能なオールテレーン・空中を旋回する吊上げ式ワゴンの最大の強みを最大限に発揮しての作業です。

imada01

DCIM100MEDIADJI_0040.JPG

imada03

imada04

imada05

架設時はワゴンの後端半径20m。
imada06

地切り時はワゴンの後端半径17m。
imada07

青森県鰺ヶ沢でのこ線橋 橋梁工事。LG1550 SLDB仕様。
現在開通している津軽自動車道の延長線上に位置する橋。

約60tの桁を2本架設。今回は吊り荷の重量が比較的軽いため、重量というよりも作業半径を稼ぐためにワゴンを使用。
ワゴンは架設時の作業半径が遠くなる時だけ使用したのでほとんど位置は移動せず。
地盤養生は、アウトリガーの下4か所、ワゴンを置いてある1か所だけの最小限に抑えられました。

また架設時以外はワゴンは切り離しているので自由に旋回して作業可能です。
バギー式のウェイト台車ように鉄板の段差など気にする必要はありません。

narusawa1

narusawa2

narusawa3

架設時以外はワゴンは切り離してSLD仕様での作業。
narusawa4

桁下施工用油圧バイブロ CHV-200Ⅲ

桁下や架線下の作業でも杭の1ピースの長さを最大限に設定できます。詳細はこちらへ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

LTM11200NX 1200tオールテレーンクレーン 2015年7月導入いたしました。
お問い合わせはこちらまで。017-773-8282

1200t

クローラークレーン+バイブロでの鋼管杭打ち込み作業。

鋼管杭打ち2

鋼管杭打ち1

最大積載量80tトレーラー。
構内輸送はもちろん、特殊車両の通行許可を取得した上でのブロック運搬が可能です。
弊社にて通行許可の取得も行います。
80ttr

80ttr

80ttr

80ttr

80ttr

80ttr

80ttr

nichiun大型クレーン 風力発電設備仕様。
風車の高さ、重量、現場状況に応じて、最適なクレーン・仕様で作業を行います。

左)LG1550 SL3H仕様  右)LG1750NX SL8HS仕様
ブームの先端のジブに角度付いているため、ローター上架時にブームとローターとのクリアランスを確保できます。
本体が自走可能なため、サイト間移動日数も短縮できます。
wind1

左)LTM1550NX ラフィングジブ仕様  右)SL6000J 固定ジブ仕様
LTM1550は油圧伸縮ブームの為、組立ヤードを抑えられます。
SL6000は風車専用の固定ジブの仕様。LGシリーズ同様ローター上架時の懐を確保できます。現場の状況に応じてそのまま自走してサイト間を移動することも可能です。
wind2
詳細はこちら


ブーム分解不要100tオールテレーンクレーン導入。LIEBHERR LTM1100NX。

車幅2.75m、長さ12.7m、アウトリガー幅7.00mと70tラフター並みにコンパクトです。

能力表はこちらへ

詳細はこちら

小曲こ線橋夜間架設 SL6000。
五所川原西バイパスの五能線をまたぐためのこ線橋の架設工事。

秋田港にてLG1750での水きり作業。運搬はマルチトレーラー6軸2台+低床トレーラー4台。

詳細はこちら

八戸のポートアイランドにてジブクレーンの据付作業。
作業半径38mで約165t。LG1750NX SLDB91m仕様での作業となりました。
後に背負ったワゴンウェイトは270t×18m。

ジブクレーンのパーツを最低限の分割で輸送できたため、工期短縮・作業の簡略化につながりました。

詳細はこちら

秋田県八竜にでLG1750NX風車建設。仕様はラフィングジブSW56m+49m仕様。
2.5MW SAMSUNG製の風車。80mタワーでナセル約100tでしたが、能力的にも十分余裕を持って作業することができました。


詳細はこちら

八戸ジャンクション橋梁工事 Dランプ橋 LG1550 SLDB仕様 最終架設が完了しました。
八戸南環状道路が繋がり久慈方面へのアクセスが向上し、復興道路としての活躍が期待されます。

作業開始時間までワゴンウェイトを浮かせて待機。規制が完了と同時にワゴンウェイトを浮かせたまま旋回。
架設が完了するとワゴンを接地させる。
いつものように地盤養生を最小限に抑えられます。

詳細はこちら

北海道新幹線 PC桁の最終架設。
LG1550、SL60002台相吊りで無事架設完了しました。

運搬は橋本運送㈱さんのゴールドフォファー。超重量級に桁でしたが、軽々と運搬。

むつ市にて古い鉄道橋の撤去工事。LTM1550N Yガイ仕様。
桁重量も計算通りで、一発ですぱっと撤去できました。

八戸自動車道 八戸ジャンクションでの橋梁工事。SL6000J SHL仕様パレットウェイト250t。

当日は天気もよくコンディションの良い状態でした。
作業も順調に進み、無事架設が完了いたしました。

詳細はこちら

八戸自動車道 八戸ジャンクションでの橋梁工事。夜間架設を待つSL6000J。
今回はパレットウェイトも最大の250tを背負ったフル性能のSHL仕様。桁の重量は約170t。

かなり狭い現場ですが、本体がコンパクトなSL6000はラフターで組めるためこのようなヤードでも組立可能です。
また、750tCCクラスの仕事をパレットウェイトを追加するだけで行うことが可能です。


架設まではウェイトを切り離して作業するため、ヤードを効率的に活用できます。
地盤もいつもの通り、本体周り・パレットの旋回開始位置・終了位置のみ養生しています。



フックは人よりも大きく、ワイヤーの太さもかなりあります。

普段は後ろのパレットウェイトは切り離しているため、後端旋回半径が小さく済みます。

LG1550にラフィングジブ仕様(SW)を追加しました。能力表はこちらから



ラフィングジブ仕様は既存の500tクローラークレーンよりも能力があり、
56m+49mの仕様では、3MW級の風車にも対応可能です。(80mタワー、ナセル80t級)



ワゴンウェイトを使用したSDWBの仕様もあり、SW仕様よりも大幅に能力がアップします。


来年導入予定。LG1750NX 750t吊りラチスブームオールテレーンクレーン。

現在弊社所有のLTMG1800NXは海外ではLG1550の名称で呼ばれています。
LG1750NXはLG1550のスケールアップ版となります。
(800tクローラークレーン相当)

現在主流の80mタワー2MW級の風車はもちろん、100mタワー3MW級の風車、それ以上のサイズにも対応可能です。
港での荷揚げ作業にも、作業半径16mで600tまで吊上げ可能です。
 
能力表はこちら
 
 
●風車向け仕様。SL8H、SW仕様
100mタワーの場合の吊上げ能力(作業半径22m)
    ・SL8H仕様で 102t
    ・SW仕様で 128t
能力に余裕があるため、風の強いウィンドファームでも、安全に作業を行うことができます。
そのため風に寄る作業への影響を減らすことができ、最終的な工期の短縮にもつながります。


 
 
 
●重量物仕様。S6D2B、S6D2WB仕様
港での水きり作業や据付作業の場合、S6D2B仕様作業半径16mで最大600tまで吊ることが可能です。

S6D2WBでは、ブーム長77m+63mで、作業半径76mで85tもの定格荷重が有ります。

LG1550などと同様に吊り下げ式のパレットウェイトのため、地盤養生も最小限に抑えられます。


詳細はこちら

青森県深浦町でのLG1550による風車の建築。
2.3MWの風車となり、SL3H仕様での作業。この日は風もなく無事ローターの上架が行われました。


詳細はこちら

北海道新幹線 富田Bv SL6000 SHL仕様でのPC桁架設が無事終了しました。

住宅地の中を新幹線が通るため、現場が狭く離れた位置からの作業となりました。
SHL仕様での作業は、750tCC級の作業となります。
1日に桁を2本、2日間かけて計4本のPC桁の架設を行いました。

詳細はこちら

野木和Bvの架設も無事終了し、それぞれ機械が次の現場への移動。

SL6000はフル装備SHL仕様での組立が完了し、富田Bvで夜間架設を待つ。
LTM1550 2台はすでに移動が完了し、天田内川Bでの架設が始まる。

詳細はこちら

現在建設中の北海道新幹線のPC桁の運搬・架設工事。

長さ約45m、重量約176tの巨大なPC桁を国道280号線に架ける作業。
500tCC、550tACにて相吊り架設。

詳細はこちら

昨年12月、LIEBHERR 220tによる久慈でのJR線 大浜川橋梁 復旧作業。

3.11東日本大震災の津波で押し流され、不通となっているJR八戸線。
長さ10mの橋梁4基の復旧作業を行いました。

詳細はこちら

碇ヶ関 赤湯橋にてAC350での桁掛け作業。
現場が狭く、アウトリガー、カウンターウェイトが道路にはみ出してしまうため、交通規制しての作業。

詳細はこちら

原町火力発電所の復旧工事にて800tACで船積み作業を行いました。
約160tの機材はSLDB-ワゴンウェイト240tの仕様での作業、
約70tの機材はワゴンのみを切り離した、SLD仕様で作業。 

SLDBでの作業は750tクローラークレーン級(スーパーヘビーリフト ウェイト台車仕様)の作業となります。


詳細はこちら

この度の東日本大震災では弊社営業所がある青森県八戸市でも甚大な被害を受けました。
多くの漁船が陸に打ち上げられ、地元の漁師の方々は漁に出たくても出られない状況が続いております。
しかし中には損傷が少なく海に戻すことですぐに漁に出られる船も多く存在します。

現在、大型クレーン・マルチトレーラーにて漁船の復旧作業に全力を注いでおります。

詳細はこちら

株式会社 NICHIUN

本社
〒030-0142
青森市大字野木字野尻37-124
TEL: 017-773-8282
FAX: 017-773-8284

青森事務所
〒030-0142
青森市大字野木字野尻37-719
TEL: 017-773-8282
FAX: 017-773-8284

八戸事務所
〒039-2206
上北郡おいらせ町松原2丁目132-42
TEL: 0178-52-3374
FAX: 0178-52-5176

八戸
モータープール
〒039-1161
八戸市大字河原木字八太郎山4-291